正社員では難しい!?派遣薬剤師として働く選択

子育てしながら薬剤師として働く

薬剤師の資格を持っている人が働く場所として一般的なのが薬局です。最近では病院外に薬局を構えていて門前薬局の会社の社員として勤務するのが一般的です。しかし門前薬局でも運営会社によって待遇面や勤務形態が違っています。また薬剤師の資格を持っているにもかかわらず結婚や出産を機に仕事を辞めた人が、子供が手がかからなくなったといって仕事に復帰する際には、正社員よりも勤務時間等も含めて限定した時間帯で働きたいと思う人も多いです。

派遣で働くメリットを享受する

そのような場合に薬剤師の派遣会社に登録して派遣薬剤師として働くのが一番です。派遣の場合には、勤務先の企業の社員として採用されて働くのではなく、派遣会社の社員として働くことになります。一般的に勤務先の企業に直接雇用されて働く場合には、短期で退職することが難しいことが多いです。まして正社員として働くと、家庭の事情で急に退職しなければならいという状況になった場合には、直ぐ退職することは難しかったり、また企業に迷惑をかけることにもなります。

仕事内容を選んだり自宅から近い勤務地で働く

派遣の場合には別の登録社員を派遣社員として勤務先企業にあてがうことができます。勤務先の企業に対して迷惑も少なくて済みます。また勤務条件も派遣会社に登録する際に申し出ることで、その条件にあった案件を紹介してくれるので探しやすいと言えます。また仕事内容も薬局ではなく、最近ではスーパーに入っている薬局で派遣薬剤師として勤務したりと、より自宅から近い場所で勤務場所を探すことも可能になり、子供がいる人にとっては安心して勤務することも可能です。

薬剤師の派遣では、豊富な求人の中から自分の希望条件に沿って選べるため、ライフスタイルに合わせて働ける点が魅力です。